【必見】田舎住まいほどカメラ転売に向いている3つの理由

誰も信じていませんでした…

僕が転売を始めた頃、僕のメンターの
堀井師匠、その他偉大な先輩達の中で
ある絶対的な方程式がありました。

カメラ転売で稼げるのは、
都会>>田舎

(これは不等式ですとかいうツッコミは無しですw)

なぜなら、都会の方が、

・中古カメラ屋さんがとても多く

・首都圏ゆえ、商品の回転が非常に早く

・利益の取れる激アツカメラ屋さんも点在している

からと言われていました。

しかし、僕は愛知の片田舎に留まり、
密かに稼ぎ続けてきました。

※僕のメインの仕入れは大都市名古屋市ですが、
僕が住んでいるのは三河地方の田舎都市です。
名鉄の特急が止まることだけが誇りです。

僕もよく堀井師匠に会いに行ったり、
東京に仕入れに行ったりもしますが、
いつもいつも思っていたことがあります。

それは、

ライバルが多すぎること

です。

同じ堀井師匠の元で学んでいるメンバー同士で
新宿のキタムラ等で鉢合わせることももちろんですが、
いいなと思ったカメラも取置きしなかったが故に、
後から来たバイヤーに取られてしまうことも多々..

弱肉強食の都会生活を捨て、
時の赴くままにのんびり生活

田舎暮らしをPRする広告文ではありません。
あくまでカメラ転売の話です。

僕は競争を好まないのんびり田舎育ちなので、
競争せずにでも稼ぎ続けることができないか
模索していました。

そして気付きました。

田舎のカメラ転売が最強

だと…

その理由は3つあります。

・ライバル不在のブルーオーシャン

これが一番メインの理由です。

田舎に東京のような肉食バイヤーが
来ることはほとんどありません。

また、地元のバイヤーがたまにいたりしますが、
あまり稼ぐ気がないのか、そんなに
荒らされた形跡も感じません。

名古屋でさえ、僕がバイヤーと鉢合わせるのは
百貨店の催事場での中古カメラ市ぐらいで、
普段の仕入れで見かけることすら、
ほとんどありません。

田舎での仕入れはライバルの検索スピードや、
商品を取られる不安に苛まれることもなく、
ゆったりとマイペースで商品を探すことが
できます。

・家賃も値付けも格安

家賃が安いのは、カメラの置き場を確保する、
という意味でアドバンテージがあります。

そして、それよりも、魅力的なのが、

カメラ屋さんの値付けがテキトー安い

ことです。

僕が密かに溺愛している、カメラのキタムラ某店は
不具合に関する目が異常に厳しく、
C品に不当に安い値段がつけられています。

※ちなみに僕はここで15万円お買い上げしました。笑

そのほかにも、ハードオフのジャンク棚が
(一番のお宝発掘コーナーで108円〜お宝アリ)
異様に充実していたりと、
都会にはない宝探し感も満喫できます

・転売利益で旅行三昧

これは僕が月100万円稼いだ月に
実際にやっていたのですが、
地方のキタムラとハードオフをひたすら
回りまくるという仕入れです。

途中のフォトジェニックなスポットで観光したり、
美味しいものを食べたりと、転売しながら、
旅行気分で仕入れをすることができます。

※長野の松本市で馬刺しを食べて来ました!

カメラ転売で成功しているバイヤーの多くが、
東京を拠点にしているとは思いますが、
東京にいないあなたでも稼ぐことができます。

なぜなら、誰も敵はいないし、
格安でカメラを買うことが
できるからです。

特に、中部、北陸、近畿、西日本は本当に
アツいなとここ最近改めて実感しました。

このブログでも地方仕入れの
激アツ情報を随時お伝えしようと
思います。

最後までお読みいただきまして、
本当にありがとうございます。

:

スポンサーリンク
Google Adsense




Google Adsense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense