カメラ転売専業化した元・サラリーマンのリアル作業時間

こんにちは!

今日はカメラ転売をこれから始めようと思っている
方には興味深い話になると思います。

と言いますのは、

ぶっちゃけお前の作業時間はどのぐらいなんだ!?

って話です。

タイトルは専業化後のタイトルっぽいですが、
僕が副業時代の頃の話も交えて、
お話ししていきます。

せっかくなんで、今の話から。

約3時間です。

平均3時間作業に徹した先月5月の利益は・・・

約52万円です。

徹した、というのは少し語弊がありまして、
サボりにサボった挙句、
このぐらいといった感じです。

正直名古屋の街中へ仕入れに行って,
買ったカメラは次の日出品みたいな
ペースだと、ホントに1日3時間しか使いません。

時間に縛られず、お金が稼げるというのは
本当にいいことだなと思います。

一方、僕が副業時代はどうだったかというと・・・

約1時間です。

というのも仕事が忙しく、帰宅は夜遅く。
がっつり仕入れに行けるのは土日のみ。

となると、自由に使える時間は、

・会社の短い昼休み

・寝る前の希少な隙間時間

ぐらいでした。

会社にいる間は出品や発送はできないので、
ひたすらネット仕入れで各サイトを徘徊。

夜は撮影だったり、発送だったり、
そして眠くなって寝落ちしたり・・・

子育てや家事、仕事に追われている
専業主婦やサラリーマンの方でも
カメラ転売で稼げますかという
質問をよくいただきます。

答えはYESなんですが、
ひとつ注釈があります。

それは、

今までの習慣を15分だけ変えてみること

です。

今まで昼寝したり、酒飲んで愚痴こぼしたり、
スマホゲームに費やしていた時間を
15分だけカメラの時間にシフトしてみてください。

いきなり、僕の副業時代の頃のように
1時間時間を作れなんて言いません。

まずはあなたの習慣を
ちょっとだけ変えてみてください。

1日15分だけ、相場検索してみる、
撮影してみる、掃除してみる..
なんでも構いません。

もちろんカメラ転売に費やす時間が
多ければ多いほど、経済的成功には
近道ではありますが、

メタボおじさんがいきなりフルマラソンしたら膝を壊します。

これと一緒で、いきなりカメラ転売に注力しすぎると、
どこかでそのひずみがきて、長続きしません。

急激なダイエットは結局リバウンドを招く、
といった経験、誰しも持っているかもしれません。

だから、

すぐに稼ごうと1日5時間も6時間も
かける必要はありません。
(もちろんカメラ転売が好きになったら話は別です)

まずは1日15分から習慣を変えてみてください。
あなたの習慣があなたの運命を変えます。

最後までお読みくださり、
本当にありがとうございます。

:

スポンサーリンク
Google Adsense




Google Adsense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsense